可視光型酸化チタン光触媒とは

光触媒コーティングで使われる可視光型酸化チタン光触媒とは、目には見えないナノ粒子(5ナノメートルナノレベルの水の粒子)が、ボディーに極薄の水の膜で覆われるイメージです。

その上から汚れが付着してもナノ粒子の方が小さいため、汚れは中まで浸透せず、太陽の力で汚れを分解、雨だれ、黒ズミが水洗いで楽落ち。

嫌な静電気を軽減、深みのある独特の輝きを持たせます。

強い抗菌、防カビ、防汚効果の他、酸化分解力も併せ持つ、銀系酸化チタンゾルとアナターゼ型酸化チタンゾルが配分された施工剤を使用しているので、塗装の劣化、変色を抑えることもできます。艶のある美しいボディを持続させます。

キャンピングカーコーティングは愛車をいつまでも綺麗なまま保ちたいオーナーのお悩みを解決します。


食品加工工場や酒造工場、そして医療現場などでも使用されている、人体にも影響の少ない安全性の高い、PHMB(ポリヘキサメチレンビグアナイド)と塩化ベンザルコニウムのダブル作用により、ウイルスを不活化します。

この製品は、酢酸やアンモニアなどの人が深いと感じる臭気を低減させる効果を持っています。

有効成分が揮発せず、抗菌効果の持続性に優れています。現在市販されている製品のほとんどはアルコール系や塩素系で、いずれも揮発性であり噴霧直後は除菌しますが、揮発後は抗菌効果はなくなってしまいます。

キャンピングカーを永くキレイに乗る為には、

キャンピングカーボディーコーティング(光触媒コーティング)と

車内コーティングをオススメします。